光徳寺は先月よりおてらおやつクラブ(https://otera-oyatsu.club)へ登録しております。

おやつクラブとは(以下HPより)
日本国内において子どもの7人に1人(※)が貧困状態にあります。「おてらおやつクラブ」は、全国のお寺と支援団体、そして檀信徒および地域住民が協力し、慈悲の実践活動を通じて貧困問題の解決を目指す活動です。

かつて私(住職)が地元の不登校児支援を続けていくなかで感じたことに、多くの方が身近な問題にあまり気づいていないという点がありました。家庭、家族の問題は表面化しずらく、繊細な問題でもあります。
すべてのいのちは等しく尊いとの仏さまの願いに生かされる私たち。お寺としてできる活動の一つに、お敬いのお供えをおさがりとして、2〜3ヶ月に一度ほどの無理のない程度に続けていければと思います。
お慈悲の行いがお寺で止まってしまわずに、流れていく、お寺として仏法の中での活動だと思います。支援先は身近なところをマッチングしてくださっています。