ご縁あって、熊本県宇城市正専寺様が所属をする宇土南組が開講している講座へ参加いたしました。

テーマ「念仏者の私にとってのエンディングノート」
全3回の連続講座中、本時は2回目。

初めての本堂でしたが、開講まえの談話風景はいつも見慣れた光景でした。
どこでも浄土真宗のお寺にいけばお互いの気持を聞き合う光景にであいます。
img_0530

さてさて、このエンディングノート。
これまでの人生の振り返るきっかけとなるものですが、多く役立つタイミングは葬儀のときのようです。儀式儀礼を滞りなく進めたい遺族のお気持ちには大いに指針となるものでしょう。
しかし、エンディングノートをご用意したお方のお気持ちは葬儀のみにおいてではないでしょうね。何を願い、何に向き合い、何を伝えて行きたいのか。
私の生き様が身近な方へのエンディングノートになればいいなとこっそり感じたことでした。私が仏教に生きる多くの方に導かれ支えられたように。
img_0529