4月30日 朝の裏庭

光徳寺 朝の風景
静かな中に鳥のさえずりが聞こえます。
前住職が言っておりました。
「あの木に花が咲くと、ご院家さん(住職)、会いに来たよーっと、その木をくださった方を思い出します」と。
いつの間にか増えすぎた木々や、伸びすぎた木々の管理を私がするようになり、来月はあの木の選定をしなければ、などと改めて庭をみる私を懐かしい風が包んでくださります。
四季折々のこの景色をお茶会など、ひっそりでも活用したいと思うことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください