本年度の追悼法要は、限られた人数、三密を避けた中でのお勤めでございました。
コロナ禍の影響で、残念ながら当日のご参拝ができないとのご連絡も多くいただきました。
それぞれにそれぞれの方を偲びながらの一日だったことでありましょう。
これまでの日常が変わり、ますます孤独と不安に苛まれるこの私に、すべてを見通しともにご一緒くださっている阿弥陀さま、その名乗り声、南無阿弥陀仏のお念仏をどうぞいつでも申して参りましょう。仏縁を分かち合うことの有り難さを再確認させていただいたことでありました。
また光徳寺でお出会いできる日をお待ちしております。
どうぞお体ご留意くださいませ。

読経

 

 

法話

白骨の章