本年ものこりわずかとなりました。

といっても、時間はいつもどおりに過ぎていくのですが、私たちの価値観で節目を作っているだけでしょうね。

お寺の鐘は梵鐘といい、法要前の案内や、時刻を知らせるために付かれます。
今朝も、今年も、いつでも、いろんなことを願うより、阿弥陀佛に願われている私を聞かせて頂きたいことですね。