この度は熊本県宇土市正栄寺さまの定例法座、並びに寺連続研修会(以下、連研)の講師のご縁を賜りました。

正栄寺さまは熊本震災時に被災されましたが、鉄筋の本堂は被災を免れ、毎月の定例法座は続けられておられました。
ご門徒がお寺に集いお互いを案じ合うお姿に出会って以来のご縁をいただきました。

ご法座まえに駐車場での会話が聞こえて来ましたが、本当にお寺がだいすきという気持ちが伝わって来たことです。
不遇なときほど孤立してしまう私、どのような私であっても阿弥陀の願いがともに届いていることをお聞かせ頂きました。

またお寺での連続研修会も開催されており、近隣の住職とともに話し合い法座を続けておられます。
ご門徒とともに歩む姿にお育ていただきました。