久留米市三潴 長徳寺 永代経並びに第十六世住職・坊守100回忌法要のご縁

この度は久留米市三潴 長徳寺様 永代経並びに第十六世住職・坊守100回忌法要のご縁を頂きました。

ご法事のご縁で時折
「50回忌が済んだらかみさまになるからもう法事はしなくていい」
「50回忌はお祝い」

などの会話を耳にします。
ご法事・・・仏法を生きている「私」が故人を通じて頂くご縁です。
かみさまになるわけでも、ご法事が終わるお祝いでもありません。
宗教は私が生きる羅針盤という言葉もあります。
私に都合よく方向を示す羅針盤は、便利ですが安心は出来ないでしょう。
また羅針盤が何個もあると余計に迷い不安が募るでしょう。

住職として、坊守として、ご門徒の皆さまとともに浄土真宗のみ教えを聞き、伝えて下さったこと、
その教えの内実を共に私の為といただいたことでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください