秋季彼岸法要をお勤めいたしました。

台風一過の秋晴れの中、法要後、ご法話、事前指示書の書き方を説明をいたしました。
秋のお彼岸は稲刈りや運動会、敬老会などの行事と重なることも多い時期でもあります。
けれども、それぞれの思いの抱き、今日もともに阿弥陀さまの教えを聞かせていただきました。
今ココにある私とこれからの医療・介護の現実。いつまでもご門徒さんとともにありたいことです。
また同日午後より、近隣のお寺への布教のご縁があり、みなさまとお斉にご一緒できませんでしたが、
おにぎりを作っていただき、ご門徒に見送られてお寺を発ちました。
会所寺院の控え室で時間がなく一口いただきましたが、どこで頂いても法要のお斎の味は美味しく有り難いものでありました。
ご門徒の皆さまによって大量にしたくしてくださるお斎と、みなさまとご一緒にいただくことの嬉しさ、楽しさ、
それもまたお寺の楽しみの一つなのでしょうね。ありがたい1日を噛み締めました。