光徳寺では夏期には6時、冬期には7時毎朝お朝事(朝のお参り)前に梵鐘(大きな鐘)を撞いています。以前は夕事(夕方のお参り)前にも撞いていましたが諸事情により数年前より中止しています。

かつてはこの鐘の音を聞いて、朝夕の農作業の目処をたてていた方も多かったようです。
何気なく聞こえて来るお寺の鐘の音。
それぞれの人生に阿弥陀さまがご一緒を知らせる音でもあります。

最近は朝のお散歩も兼ねて鐘を撞いてくださるご門徒さんもおられます。
沁みる音が今日も響きます。

img_0543