暦の上では彼岸の季節は過ぎましたが、いつでも仏法は変わらぬ真実を私にお伝えくださります。

この度は、豊前市徳善寺様二日間のご縁でした。
幼少期にお寺で遊び育ったご門徒さんが、徳善寺さまのお近くにご養子に来られ、法座の度に梵鐘を撞いてくださります。
「法座はお寺の生命線」
お念仏の中、お聴聞とご門徒さんをとても大切になされるご住職の姿勢に、居心地の良さを感じたことです。
年8回のご法座、お聴聞のご縁が多いこと、ありがたいことです。

img_0516