前住職五十回忌法要

当山前住職(森 元襄)五十回忌法要をお勤めいたしました。

現住職は現在入院中であり、森家のもので前住職と直接面識がある人はいないご法事でしたが、
昔から人伝に聞く前住職の姿や、ご参詣の親族に聞くその生き様に、益々お会いしたい思いが募ります。
「じいちゃん」…お浄土のはたらきのなかでいつか心からそう呼べることも楽しみでもあります。

きっと同じ阿弥陀像を眺めながら多くの苦難を生きて来られたことでしょう。
「ようこそ、ご苦労の中、お念仏の道を歩んでくださりました。」
人柄も、その人生も何も知らない私にとって、ただただそう思うご法事でありました。
五十年後、私たちに、遺族に、有縁の方に、何が伝わっていくのか、今の生き方が問われますね。

IMG_0296

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください