浄土真宗本願寺派では、お坊さんになる初めて研修を「得度習礼」(とくどしゅらい)といいます。
西山別院の一角をお借りして10日間の教修をいたします。
浄土真宗本願寺派 西山別院

この度、カリキュラムのひとつである話し合い法座のスタッフとしてお手伝いさせていただきました。
初めて「浄土真宗のみ教えに生きる私」「お寺と私」などを参加の皆さまと見つめて来たことです。

お坊さんになること

浄土真宗の場合、毎日毎瞬、私のために説かれたみ教えであること、多くのいのちに生かされつづけていること、
ほんとうに大切なものに気付かされ続けていくことでもあるのでしょう。
とても大切なご縁をいただきました。

各地のお寺様でもお彼岸のご縁が勤まっています。
気持ちのいい時節となりました。お聴聞(仏法を聞くこと)してみませんか?