2018(平成30)年6月7日、8日
京都 本願寺での住職補任式、並びに補任研修へ光徳寺責任役員、総代さん2名と参加、受式してまいりました。
責任役員とともに浄土真宗本願寺派光徳寺住職の任をご門主より拝受し、今後益々光徳寺第十五世住職として、住職としての本分をつくすことを、仏前に誓約した次第であります。

また帯同された責任役員さん、総代さんは帰敬式も受式してくださりました。
帰敬式とは
本願寺HPより
【帰敬式とは、阿弥陀如来・親鸞聖人の御前で浄土真宗の門徒としての自覚をあらたにし、お念仏申す日暮を送ることを誓う、私たちにとって最も大切な儀式です。 この帰敬式を受式され、仏弟子となった方には本願寺住職(ご門主さま)より法名が授与されます。】