令和3年 報恩講

令和3年 光徳寺報恩講 11月27日(土)、28日(日)
無事にお勤めいたしました。
講師は玖珠町光林寺住職 帆足一洋さん、当山住職、福岡正法寺住職 志摩田真生さん、と毎座変わりました。
毎座ご参詣の方も、遠方よりご参詣の方も、ともどもにお念仏の教えを歓び、親鸞聖人のご遺徳を偲ばせていただきました。
ご法座の前には「御院家(ごいんげ)さん、お仏飯ができましたよ。」とご門徒さんがお供えのお仏飯を準備してくださります。みなさまとともにお聞かせいただく法要の始まりを再認識し、ありがたくあたたかくなる瞬間でもあります。今年も無事に迎えられたことを慶ばせていただきました。南無阿弥陀仏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください